メニュー

よくあるご質問

坪単価25.8万円で家が建つのでしょうか?

Answer

A.坪単価…本体工事費にはこれといった基準がないのが現状のようです

一番よくある質問で、皆さんが一番ご存知になりたいことではないでしょうか。 たとえば、床面積35坪の家の場合、25.8万円*35坪=903万円で家が立つかどうかと言うと、 まず・・・建たないでしょう。(正確には住める状態には、ならないでしょう)

この坪単価、本体工事費という言われ方をしているのが多いようですが、 この本体工事費……実は、各社バラバラで、これといった基準がないのが現状のようです。 そして、実際家を建てるのには、以下の別途費用がかかるのが、大半のようです。 屋外給水設備工事、仮設工事、確認申請費用、設計料、照明器具などなど、 そして、この25.8万円の家、1F、2F同じ平面形の総2階建てのパターンが多く、一部1F部分を広くしたり、 吹き抜けを作るなどすると、別途費用が掛かったりするようです。

そして、坪単価も建設費÷延べ床面積が一般的なのに対して、業者によっては、施工面積で計算している場合があります。 施工面積は、延べ床面積にプラスして外部のポーチやバルコニーを加えた面積で、 当然割る分母か大きければ、坪単価は下がるので、数字のマジックにも注意が必要です。


関連記事
  • 質問

    石貫工務店では、坪単価いくらでしょうか?

  • 質問

    マイホーム建築時には、どのような税金がかかるのでしょうか?

  • 質問

    ハウスメーカーと工務店では、どのくらい価格が違うのでしょうか?

  • 質問

    消費税8%で家を建てるには?

この記事をシェア
LINE