よくあるご質問

よくあるご質問

お客様からよくいただくご質問をまとめてみました。

Q インターネット商品などは取り扱っていますか?

インターネットで販売されている商品や施主様支給品について、以下のものについては使用をお断りしております。

1. 建物に固定されるものや埋め込まれるもので、お客様自身で簡単に取り外し等ができないもの
2. 建物に固定されるもので、電気や給水排水設備を伴う器具類
3. 輸入商品で、電気や給排水設備をともなう商品
4. 国内の商品で、九州地区内に営業所等がないメーカーの商品
5. その他、使用に際して後々支障が出る恐れのあるものや
  メンテナンスが困難だと判断されるもの

以上の点に該当する商品は、不具合が生じた際にメーカーのメンテナンスを 受けることができない等の理由から取り扱いをお断りしております。

Q 消費税8%で家を建てるには?

消費増税タイミング

消費税増税のタイミングは、

 ・平成27年10月 10% へアップ

となっています。

ですが、タイミングによって8%で家を建てることが可能です。
 ・平成27年 3月31日までに請負契約
 ・平成27年 9月30日までに引き渡し(※支払を済ませること)
上記のうち、いずれかを満たせば家を建てるのにかかる消費税は8%のままです。
ただし、請負契約に含まれない追加工事は、上の条件が満たせない場合10%となる可能性があります。
その他、家電や保険、住宅ローンに引っ越し費用など、さまざまなものが消費税増税の影響を受けますので注意が必要です。

※平成26年9月 情報更新

Q ハウスメーカーと工務店では、どのくらい価格が違うのでしょうか?

ハウスメーカーとの価格比較

使用する建材や設備のランクにもよりますが、同程度の仕様で家を建てる場合、40坪程度で大手ハウスメーカーの坪単価は 70~80万程度。
一方、石貫工務店は、坪単価 50万前後になります。(※平成28年12月時点)

ハウスメーカーとの価格比較

大手ハウスメーカーとの価格の違いは宣伝広告費の違いです。
大手ハウスメーカーは大きな展示場やテレビCMなど、宣伝広告費に多くの予算を割いています。
このコストは、皆様が購入する住まいの売り上げで賄われますので建物価格に上乗せされます。この分、大手ハウスメーカーは工務店より建物価格が割高になります。

Q マイホーム建築時には、どのような税金がかかるのでしょうか?

主なものとしては、不動産取得税、登録免許税が挙げられます。
また、建築後は毎年、固定資産税が発生します。都市計画区域である場合はさらに都市計画税が発生します。
税率はそれぞれ、
・不動産取得税 : 固定資産税評価額に対して 3 %
・登録免許税 : 固定資産税評価額に対して 0.4 %
・固定資産税 : 固定資産税評価額に対して 1.4 %
・都市計画税 : 固定資産税評価額に対して 0.3 %
となっています。
※ 固定資産税評価額とは、 固定資産税など土地や建物にかかる税金の基準となる価格のことです。 新築の場合は、建築費の 5 ~ 7 割程度が目安となります。 固定資産税評価額は、3年に 1度評価が見直されます。

◆贈与税
他者から建築のための資金提供を受けた場合は贈与税が発生します。
課税方式には、暦年課税と相続時精算課税の 2種類があります。
控除額 110万円の暦年課税より、控除額 3,500万円(特別控除額 2,000万円+住宅資金特別控除額 1,000万円)の 相続時精算課税を選択した方が有利であるケースが多いようです。 税額はそれぞれ、
・暦年課税 :"贈与額 ~ 110万円" に対して 10 ~ 50 %
・相続時精算課税 :"贈与額 ~ 3,500万円" に対して 20 %
となります。
また、相続時精算課税を選択するには申請が必要になります。

◆補足 (住宅ローン減税について) ※平成25年度
一定期間(10 年間)、借入金残高の一定割合が所得税から減税される制度です。
・減税額 = 借入金の残高(最大 2,000万円まで)× 控除率(1.0 %)
(減税額は最大 200万円)

※税率や控除率、適用期間等は、年度や地域により異なる可能性がありますので注意が必要です。

Q 坪単価25.8万円で家が建つのでしょうか?

一番よくある質問で、皆さんが一番ご存知になりたいことではないでしょうか。
たとえば、床面積35坪の家の場合、25.8万円*35坪=903万円で家が立つかどうかと言うと、 まず・・・建たないでしょう。(正確にはすめる状態には、ならないでしょう)

この坪単価、本体工事費という言われ方をしているのが多いようですが、 この本体工事費……実は、各社バラバラで、これといった基準がないのが現状のようです。 そして、実際家を建てるのには、以下の別途費用がかかるのが、大半のようです。 屋外給水設備工事、仮設工事、確認申請費用、設計料、照明器具などなど、 そして、この25.8万円の家、1F、2F同じ平面形の総2階建てのパターンが多く、一部1F部分を広くしたり、 吹き抜けを作るなどすると、別途費用が掛かったりするようです。

そして、坪単価も建設費÷延べ床面積が一般的なのに対して、業者によっては、施工面積で計算している場合があります。 施工面積は、延べ床面積にプラスして外部のポーチやバルコニーを加えた面積で、 当然割る分母か大きければ、坪単価は下がるので、数字のマジックにも注意が必要です。

Q 石貫工務店では、坪単価いくらでしょうか?

まず坪単価ですが、平屋建てと2階建てでは、金額が違います。 同じ床面積でも、2階建てに比べて、平屋建ての方が、金額が上がります屋根工事と基礎工事の面積が多いからです。 金額にして、4~5万ぐらい違いが出ます。

坪単価もお客様の好みにより、仕様ももまちまちで、一概にこれといった金額が出せませんが、 床面積40坪前後で、2階建てで 50万前後、平屋建てで 55万前後になります。 勿論この中には、屋外給水設備工事、確認申請費用、諸経費、照明器具など含み、 最終引渡し価格となっています。

Q 在来軸組工法とは?

在来軸組み工法とは、現在日本の住宅では、最も使われていて、古くから伝わる工法です。
土台、柱、梁と組み上げていき、建物の骨組を作ります。筋かいという斜めの材を入れて、 バランスよく配置することで、地震や台風に耐えるように考えられています。 間取りの自由度が高く、後々の増改築にも対応しやすい特徴があります。 当社もこの工法です。
ちなみにツーバイフォー工法とは、その名の通り2*4インチ(50mm*100mm)の断面寸法を持つ木材を使用して枠を作り、 それに構造用合板を、釘で打ちつけてパネル化する工法です。

Q 仕上げ材料の途中変更は、可能でしょうか?

現場に納入していなければ、可能なものもあります。
当社では、契約後すぐに、外装内装材を決定して、一括発注する方法ではなく、 現場の作業進行に応じて、お客様と、現地を見ながら打ち合わせを行い、色決定をしていきます。

Q 外壁、システムキッチンやバス・トイレは、どこのメーカーのものでも良いのでしょうか?

どこのメーカーのものでも対応させていただいております。

Q 注文から引渡しまでの期間はどれくらいでしょうか?

設計期間2~3ヶ月、施工期間3ヶ月~5ヶ月程度とお考えいただきたいと思います。

Q ハウスメーカーと工務店の違いは何でしょうか? 特に工務店にお願いするメリットとは何なのでしょうか?

住宅会社(ハウスメーカー)のメリットは、総じて営業担当者がついていますので、土地探しから資金計画、またアフターサービスまで…と、家作り全般にわたり「サービス体制」として整備されているのが特徴だと思います。 また、住宅が商品化・パッケージ化して販売されておりますので、必然的に工場生産された部材やパーツが使用されています。そのため、比較的品質も安定しています。 ただ、使用するメーカーなどは、ある程度決められた中から選ぶのが通常のようです。 また、営業経費やモデルルームの運用経費が、建物価格に加算されるため割高になる場合があります。

その点、工務店のメリットの第一は、基本的に自由設計であるといえると思います。
お客様の要望に応じた間取りの設計に対応しておりますし、お客様がご使用になりたいメーカー等に制約を設けてはおりません。 また、私どもは地域に密着したスタイルを大事にしておりますので、機動性(災害時の対応)や細かな対応を行えることこそが我々工務店の特徴ではないかと思います。 しかし、ハウスメーカーのように、モデルルーム等を展示しておりませんので、お客様にとって「実際の完成後のイメージをつかみにくい…」と思われてしまう場合もあります。
そのため当社では、定期的に現場完成見学会をお施主さまのご好意で開催させていただき、その際に仕様などを見ていただくようにしております。

Q 工務店にお願いした家は和風になってしまうのでしょうか?また、木造の家しか作らないのでしょうか?

現在、施主様の要望や、住宅情報誌もたくさん出ておりますので、和風、洋風にも対応しております。 基本的には木造を主としておりますが、鉄骨造も致しております。

Q 耐震強度の計算方法に問題はないのでしょうか?また、実際の耐震性は問題はありませんか?

家を設計する際には建築基準法にのっとり、地震力と風圧力(台風など)の両面から構造計算を行っています。

Q 工務店の施工範囲での外構工事は、家が完成した後、自分で専門業者に頼む必要があるのでしょうか?

当社でも設計施工いたします。

Copyright(c) 2014 Ishinuki Architectural Design Office. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com